• 引き寄せの法則,ユダヤ人大富豪 マインドと癒し
    引き寄せがうまくいかない体験について腑に落ちるユダヤ人大富豪の本
    2018-01-28
  • ついてない,運気アップ マインドと癒し
    最近ついてない?運気をアップしたい時、使ってはいけない言葉は…
    2018-01-25
  • 育児疲れた時,いい言葉 ライフスタイル
    育児疲れ…イライラしたら思い出したい!心を取り戻すいい言葉
    2018-01-09
  • 寝る前,アファメーション,良い睡眠 マインドと癒し
    寝る前アファメーション・感謝の法則の効力を知る秘訣!良い睡眠良い明日
    2018-01-30
  • 眠りたいけど眠れない アファメーション
    眠りたいけど眠れないときはストレス軽減クエスチョン(質問)
    2018-01-31
  • マイナス思考止まらない マインドと癒し
    マイナス思考が止まらない?人生変えた成功者の思考をインストール
    2018-01-19
  • 石ころアート,石の工作 石アート
    【石ころアート作品例】小学生低学年でも簡単!かわいい石の工作画像
    2018-01-10
  • 嫌な記憶を思い出す,アファメーション マインドと癒し
    嫌な記憶を思い出す!前向きに行動できない時のアファメーション
    2018-01-15
眠りたいけど眠れない

ぐったり疲れて眠りたいのに、どうにも頭がカッカして眠れそうにない… 翌日のことを思うと焦りますし、辛いですよね!
そういう状況では、たいてい緊張やストレスが関連しています。それらを軽減するための答えが見つかって、安心できればウトウトと睡眠に入れるはず。

 

私たちの脳の仕組みは、質問を投げかけると、必ず答えを探そうとする!のだといわれます。それはまるで、インターネットの検索エンジンにキーワードを入力したら、可能な限り検索者の意向に沿った情報を見せてくれようとするシステムみたいです。こちらの記事では、眠りたいのに眠れないストレスを軽減するための答えを導く「質問」について、お伝えします☆

 

潜在意識に良い質問を投げかけて眠るメリット

 

私たちの意識の仕組みは、よく氷山に見立てられます。人が見ることができる氷山の姿は、実はほんの数パーセントにすぎず、残り9割がたは水面下に隠れていて見ることができない、という例え。

 

同様に、人が普段使えている意識は4%程度(または以下)に過ぎず、確かに存在するのに、使えていない潜在意識が9割以上にのぼるということ。そして、私たちの潜在意識がアクセス可能な情報というのは、なんと生命誕生以来の、何万年(何億年?)という記憶に繋がると考えられているのですね!

 

 

潜在意識の研究をさらに深め、集合的無意識という考え方を発展させたユング博士は、全世界の人類に「共通する普遍的な部分が存在する」と説きました。

 

確かに、善悪の常識的なセンスだったり、喜怒哀楽の感情にしても、人それぞれの個性で程度の差はありますが、根源的な部分で「人であるからには」共通の感覚って、否定しようがなく存在しますよね☆

 

 

なので、自分の力では解決が難しいように感じる問題に直面したときには、潜在意識に応援を頼めたら、まさに千人力です^^ なんといっても、世界中のあらゆる人々と共有する何万年の記憶にアクセスできるのですから、自分たった独りの発想では想像もつかないアイディアや解決策も見つけ出してくれる可能性が大いにあるのです。

 

必ず答えを見つけるなら、ストレス軽減する答えを

 

質問を投げかけると、必ず答えを探そうとする脳の仕組み。そして、潜在意識を上手く活用できれば、表面的な意識状態では思いもよらないアイディアに恵まれやすくなることがわかりました。

 

「潜在意識を上手く活用」って、どうすれば?というと、明らかなのは「睡眠ちゅう、表面的な意識は休んでいる」ことです。

 

 

つまり、睡眠に入る前に質問を投げかけておくと、表面的な判断の邪魔が入ることなく、眠っている間に潜在意識が何万年の記憶から答えを見つけだそうと働き続けてくれる!ということなのですね。

 

質問を「与える」⇒答えを必ず「受け取る」

イメージを深める内容です。ご活用ください^^

 

 

 

 

さらに、投げかけるなら、良い質問であることが重要なポイントになります。

 

 

良い質問とは?というと、まず反対から考えるとわかりやすいので、良くない例から。

 

「なんで、こんなことになったんだ…(嫌な気分)」という状況のとき、

「なんで?!」と言っていると、起きてしまった物事や外部の要因に対して責めたくなる思いが強くなりがちです。

 

何か嫌なことが起きてしまったとき、周囲にいる人に「なんで?!」という表現を使ったら、言われた人は「なんか、責められている」「攻撃されている」という印象を受けやすく、委縮したり、その場から離れたくなるもの。

 

困った問題が発生したときの「なんで」は、解決の逆方向につながりやすいのですね。

 

 

では、良い質問は?というと、

 

「どのようにすれば、良くなる?」「今できる最善は?」

 

さらに、

 

「どうなったら最高?」

 

良い方へつながろうとするエネルギーが加速する質問です。

質問すれば、答えは、必ず見つかります。

見つけるなら、より望みに沿った答えがいいですよね^^

 

 

今回の、寝る前アファメーション

 

アファメーションで言われる定型(主語を使い、既に叶った表現で…etc.)とは少しずれるかもしれませんが、

 

「良い質問を投げかけて眠ること」を、おすすめします☆ 良い質問の例としては、先ほど例示したような

 

◆ 今できる最善は?

◆ どのようにしたら、うまくいきそう?

◆ どうなっていたら、最高?

 

など。注意点は、「もう、なんで?!」という質問では望まない方向の答えへ繋がりやすいことです。

 

 

答えは、必ず見つかります。質問を「与える」限り、必ず「受け取る」仕組みであって、それが法則だから。(って、信じてみたら、流れが本当に快適になります^^)

良い方向へ潜在意識を方向づける質問を与えて、どうか安心してお休みください☆

 

Sponsored Link

 

関連キーワード
  • 眠りたいけど眠れない
    眠りたいけど眠れないときはストレス軽減クエスチョン(質問)
おすすめの記事