少し前に、「赤ちゃん泣いてもいいよステッカー」というものが話題になっていたのを知りました。
 
レストランや電車など人が集まる環境で、自分の子が泣きだしてしまったとき、特にギャン泣きくらい泣き声が大きいときなんて、周りが気になって肩身が狭い思いをするかもしれません。
 
でも、ママが取り乱すのを感じ取って、不安で赤ちゃんの泣き声は更に大きくなって…(汗)
 
赤ちゃんは泣いて当然なんだから、大丈夫だよ。お母さん、そんなに恐縮しなくてもいいよ、という人ばかりだったら気が楽ですが、赤ちゃんが泣き止まないとき・ぐずりが続くときに効果的な対策があるなら活用したいですよね^^
 

Sponsored Link

 

赤ちゃんが泣き止まなくて周囲が気になるとき

 
赤ちゃんを育てるママのストレスが、隣近所との距離が近い集合住宅のほうが辛くなりやすいのは、「赤ちゃんの泣き声が近所迷惑になるのでは?」という不安も大きな要因になっています。
 
赤ちゃんが大きな声で泣いてしまったり「ぐずり」が長く続くとき、お母さんとしては周りが気になるのも自然な気持ち。
 
公共の場で赤ちゃんが泣くとき周りの反応は?
 
◆ 赤ちゃんは、泣いて仕方ない
 
◆ でも、あやしもしないでスマホ見てる親が腹立つ
 
 
赤ちゃんが泣くこと自体に対して、腹を立てる人はあまり多くないと言えそうです。
 
 
赤ちゃん育児ちゅうに、周囲に煙たがられしまって孤立するか、
 
「赤ちゃんの泣き声なんて、気にしなくていいよ~」
 
「手伝おうか?」
 
など理解・協力を得られやすいかは、「親の態度しだい」という考え方の人が多数派だということが見てとれました☆
 

泣き止まない赤ちゃんを放置してはダメなとき

 
周囲の迷惑を気遣って無理に泣き止ませなくていいよ♪ と言われたら救われる思いもありつつ、
 
赤ちゃんが泣くときは、何かしらの意思表示をしたいとき
 
なので、泣いている赤ちゃんが訴えたいことを、できるだけ理解してあげたいところです。
 

赤ちゃんがぐずる時の主な原因
 
◆ おむつが汚れていて気持ち悪い
 
◆ 眠いけど、自分ではうまく眠れなくて辛い
 
◆ お腹すいた!のど渇いた!授乳してほしい
 
◆ 暑過ぎる、または寒過ぎる
 
など。これらは、放置すると赤ちゃんの健康悪化にもつながることなので、抱っこしてもあやしても泣き止まないときには「おむつは?」「室温と服装のバランスは?」など、チェックしてあげましょう。
 
また、授乳の後に泣いているときは、背中をトントン優しく叩いて、ゲップを出させてあげてください。
 

Sponsored Link

 

イライラしてしまう前に試したい赤ちゃんのぐずり対策

 
空腹やおむつなどのチェック項目が全て当てはまらなのに泣き止まない場合は、お母さんが優しい声で
 
「だいじょうぶ、だいじょうぶだよ」
 
と、おんぶでゆらゆらしたり、抱っこで背中やお尻をやさしくトントンとしたら泣き止んだという経験談が多いです。
 
赤ちゃんにとって、お母さんの優しい声で安心できることが、泣かなくて良い状態に落ち着くために何より有効なのですね。
 
他には、
 
◆ 赤ちゃんが泣いていても、ママは焦らず「優しい声で」歌をうたう
 
◆ うちわで優しくあおいで、そよそよっと風をあててあげる
 
※息ができないくらい強くあおいでは危険なので注意!
 

赤ちゃんぐずり対策|ママのマインド編

 
うちの子が赤ちゃんだったときの育児を振り返っても、ママの焦りやイライラは敏感に察知してたな~、と思いだします。
 
ママの感情の乱れは赤ちゃんを不安にさせて、泣き声はさらに大きくなる。という理屈はわかりますが…
 
睡眠不足や育児疲れでママの心の元気も低下しているときは「今の時代、虐待とか思われるかも」「通報されるかも」なんて焦ってしまったり。
 
疲労が溜まっているときに焦ってしまうと、心が乱れていくのが赤ちゃんにも伝わって… もう悪循環ですよね!
 

早く泣き止んでほしいけど、焦ったほうが結局長引くので、
 
トントントン、「だいじょうぶ、だいじょうぶ~♪」は、ママである自分にも言い聞かせていた気がします。
 
 
それから、子供に「大好き♡大好き♡」は、低学年になった現在でも口癖のように言っています。
 
イラッしそうなときも「大好き」を唱えていたら、母子ともに、精神を安定させてくれて空気が和み、いつも状況が良くなるので本当におすすめです^^
 

Sponsored Link

 

CONTACT

コメントやお問合せは、こちらから
コンタクト