子供に、怒鳴る親になりたくないのに… でも、何回注意しても言うこと聞かない。改善しない。わかってくれなくてストレス! 困ってしまう場面もありますよね。

言うこと聞かない,子供

お片付けだったり、どこで覚えたのか乱暴な言葉を使うようになったり。イラっとしたとき、ママの口から出やすい言葉といえば、

-いい加減にして!
-ダメでしょ!
-早くして!
-何回言ったらわかるの!
 
一度も言ったことがない、なんていうお母さんは、ほとんど居ないのではないでしょうか。なかなか言うこと聞かない子供に対して、伝え方を少し見直すことで、イライラ場面の改善に効果的な方法についてです。
 

Sponsored Link

親に怒鳴られたときの子供の心理

こら~っ!と怒鳴ってしまっても、「ママ、怒ってるな~」という雰囲気には気づきつつ、この時点では子供の記憶に残るのはママの怒鳴り声と 「ダメでしょ!何回言ったらわかるの?!」 という言葉の、強い&コワいイメージだけ。

なので、口癖はマネするけど行動は改まらない、ということになりがちです(汗)

ママやパパの言うことを理解・納得はしていないけど、怒鳴られるのは不快だから一時的には言う通りにしてみせる。でも、心には響いていないので、なかなか改善にはつながらないのですね。
 

怒鳴ってしまう状況を改善するために

 
子供が言うことをきかない。何回注意しても改善しないので、怒鳴る親になっている。疲れる… そんなとき、見直してみることでパッと状況が良くなりやすいポイントがあります。
 

どんな行動が望ましい結果に繋がるか子供は知らない

こら~っ! ダメでしょっ!

そんなふうに怒鳴る時、子供の行動に対して否定の表現を示すだけで、じゃあ、具体的にどのような行動が望ましいのかというポイントが、子供に伝わっていない状況です。子供は行動をどのように変えればよいのかわからないままなので、同じように繰り返してしまうのですね。
 

また、親の言う通りに行動してみることによって、どんな望ましい結果が待っているのかということが、子供目線でイメージできたほうが、「いいから言うことききなさい!」と怒鳴られて怯えて強制されるよりも子供のやる気が大きくなりやすいです。
 
「そんな良い結果につながるなら…行動を変えてみようかな」と子供の心が動くのですね^^

 
望ましい振る舞いへの障害がある
 
片付けであれば、物をしまう場所が決まっていない。言葉づかいであれば、使ってほしくない言葉のかわりになる言葉のお手本が示されていない、など。

子供の行動が望ましい方向に変わるうえで障害になっている物事がわかったら、それを取り除くサポートをすることによって、これまでのイライラのもとがスムーズに解消しやすくなります。
 

Sponsored Link

何回言えばわかるの!と怒鳴りたくなるとき見直すポイント

 
子供に対して、なんでわからないの?!とイライラ。つい怒鳴ってしまうけど、疲れる!というときに、親のほうでも見直すことで望ましい結果につながりやすいポイントをまとめてみます。

☆じゃあ、どうすれば良いのか。具体的な行動はどんなもの?

☆行動を変えることで、どんな良い結果につながるか親子ともにイメージできている?

☆子供が望ましい行動に変えて行くための障害はない?
 

散らかったままでは使いたいものを紛失しやすかったり不便だし、心も雑然とする。といった理解とともに、片づけた後に、ふかふかのマットを敷いてママとゴロゴロする気持ち良い時間^^ だったり、
 
片づけたら、また新たに仕切り直して、さらに楽しい遊びができる♪ などと、片づけることで得られる子供なりのメリットが子供目線でもわかることが大切なのですね。
 

おわりに

 
子供は親に愛されたいと本能的に求めていますし、見捨てられる不安を潜在的に抱いているもの。親からのお世話なしでは生きるのも難しい小さな子供は特に、親から怒鳴られる=大人の想像を越えるほどコワい思いをしているのかもしれません。
 
怒鳴りたくないけど、子供を怒鳴ってしまう。というときはママの心身も疲れているので、家事の負担などは可能な限り軽くして、子供と寄り添って休息できる時間を優先してください♡
 

Sponsored Link

 

CONTACT

コメントやお問合せは、こちらから
コンタクト