• 寝る前,アファメーション,良い睡眠 マインドと癒し
    寝る前アファメーション・感謝の法則の効力を知る秘訣!良い睡眠良い明日
    2018-01-30
  • 石ころアート,石の工作 石アート
    【石ころアート作品例】小学生低学年でも簡単!かわいい石の工作画像
    2018-01-10
  • 育児疲れた時,いい言葉 ライフスタイル
    育児疲れ…イライラしたら思い出したい!心を取り戻すいい言葉
    2018-01-09
  • マイナス思考止まらない マインドと癒し
    マイナス思考が止まらない?人生変えた成功者の思考をインストール
    2018-01-19
  • 眠りたいけど眠れない アファメーション
    眠りたいけど眠れないときはストレス軽減クエスチョン(質問)
    2018-01-31
  • 引き寄せの法則,ユダヤ人大富豪 マインドと癒し
    引き寄せがうまくいかない体験について腑に落ちるユダヤ人大富豪の本
    2018-01-28
  • ついてない,運気アップ マインドと癒し
    最近ついてない?運気をアップしたい時、使ってはいけない言葉は…
    2018-01-25
  • 嫌な記憶を思い出す,アファメーション マインドと癒し
    嫌な記憶を思い出す!前向きに行動できない時のアファメーション
    2018-01-15
言う事聞かない子供,ストレス

子供の言うこと、やること、「頭ごなしに否定してはいけない」とは、わかっていても…
 
言う事聞かない子供,ストレス

反抗したい年頃なのか、わざわざ人の気持ちを逆なでするような言葉を使いたがったり、自分がうまくいかないことでキーッとかんしゃくのように八つ当たりするようなことがあると、「否定しないって、じゃあどうすればいいの?」と、困ってしまうこともありますよね。

そんな疑問のヒントになる情報を、少し前に偶然知ったのですが… それは、芸人の小島よしおさんのことでした。
 

Sponsored Link

反抗したい子供にも笑顔で対応してやる気を引き出す秘訣

 
海水パンツ?だけという、裸に近い恰好で「そんなの関係ねぇ」のネタで、一発屋(笑)なんて、テレビにうとい私は勝手な誤解をしていたのですが。

実は小島さん、「キッズコーディネーショントレーナー」という資格を取得して、子供向けのライブなどで活躍されているのですね! うちの子が好きなEテレ(NHK教育テレビ)の子供向け番組にも、度々出演していることに気づきました。
 
まさに、飾らない(海パン一丁ですものね笑)姿で子供の心に寄り添って、子供の心をわし掴みすることに成功しているらしいのです。

小島さんの話のなかで、おもしろいな、これなら日常の子供との会話に取り入れられそう。と、心に響いた「子供の心をつかむ対応」についてピックアップしてみます^^
 

ストレスを感じる場面もダメ出しのかわりに上手く乗せる

 
「無理かな~?(笑顔で)」と、子供を乗せるのですね。

例えば、静かにしなくちゃならない場面で子供が騒がしいとき。「静かに!」「うるさいよ!」とダメ出しするかわりに、子供の行動が変わる効果的な対応の例は、こんな感じです。
 
静かに、できるかな。無理かな~。できないんだろうな~(笑顔で!)
 
いたずらっぽく、子供が自発的に挑戦したくなるように仕向けると、子供は乗ってくるはず。

「あなたには無理だよね」と、冷たく突き放すのではなく、あくまでも

「無理かな~。できちゃうかな~。やっぱり無理なんだろうな~笑」

子供が、自分から「できるよっ!」と、できる自分を見せたい気持ちが湧き出てくるような楽しい雰囲気の働きかけです。
 

心理学のカリギュラ効果を子供の成長に活用

 
古典的なお笑いのネタで、「押すなよっ押すなよっ」は、「押して」のサインだよね(笑)

というパターンがありますが、「やるな」と言われるほど、やってみたくなってしまう人の心について、心理学では「カリギュラ効果」と呼ばれます。
 
まだ理性が未熟な子供は好奇心が勝っていることもあり、「見るなよ~笑」と言われると、雰囲気が楽しいほど、見たくてたまらなくなってしまうもの。この心の傾向を教育の場などで上手く活用することが可能なのですね。
 
ただ、本当に禁止しなくてはいけない場面で我慢ができないのは困るので、今は多少ふざけても大丈夫な場面と、約束を守る必要がある場面を区別しながら、例えば

◆ 見てほしいメモなどを、「これ、まだ見ないでね~(笑)」と、置いておく

◆ 本当は読んでほしい本を、「まだ読まなくていいからね~」と、置いておく

といった方法は、時に使って良いこともあると思います^^ コツは、子供は楽しいことに心ひかれて行動するので、とにかく「楽しそうな雰囲気」を演出すると効果が大きくなります☆
 

Sponsored Link

ストレス無く子供のやる気を引き出せた例

 
例えば、「計算問題を10問やってみよう」というとき、「10問までね」と言いつつ、11問目以降も子供のレベルに合った問題を準備しておきます。

「10問まででいいよ♡」と、優しく声をかけておくと、11問目以降も自主的にやっている場合が多いのですね。

我が家でも、「え~っ!そんなにできちゃったの?!すごいな~」ということが、実際よくあります。

※学校などでは、先生の指示を守るように伝えましょう^^
 

人は、本来成長したいもの。でも、まだ心が未熟な子供は成長の過程として、大人が言う反対を試してみたくなったり、反抗することで自分の存在を確かめたくなるのですね!

子供からキーッと理不尽に感情をぶつけられる場面では、イライラやストレスを感じますが… 笑いを交えながら上手く受け止めて、子供の成長を応援したいです^^
 

子供の気持ちに寄り添うヒントいっぱいの、おもしろキッズトレーナー小島さんの本の詳細はこちらから

「堅苦しい理論書よりもずっと多くを学ばせていただきました。大人がハダカになって心を開く。大切なことだけれど、なかなかできないこと。小島さんだから説得力がある」。〈出典:Amazon〉
 

Sponsored Link

 

関連キーワード
子育ての関連記事
  • 言う事聞かない子供,ストレス
    言う事聞かない子供にストレスを感じたら、真似したい達人の対応
  • 中間反抗期,接し方
    中間反抗期?口答え・あまのじゃく!小学校低学年の子供への接し方
  • 伸びる子,育て方
    伸びる子の育て方?子供の得意や長所、能力を見つける親子の習慣
  • 友達関係うまくいかない,家庭
    友達関係がうまくいかない!と子供が悩む前に家庭で親ができる対策
  • 言うこと聞かない,子供
    言うこと聞かない子供がストレス?怒鳴る親にならないために
  • 謝れない子供,低学年
    「ごめんね」が言えない!謝れない低学年の子供の心理と有効な対応は
おすすめの記事