• 子供の勉強,きっかけ 学習
    子供が勉強しなくてイライラ?やる気のきっかけ演出上手な親の実践法
    2018-05-04
  • ママ友,悪口ばかり言う,心理 マインドと癒し
    悪口ばかり言う人の心理|めんどくさいママ友トラブル解決法
    2018-05-08
  • 工作,昆虫 工作
    夢中になる切り絵図案!本物そっくり昆虫の立体切り紙|おすすめ本
    2018-01-02
  • 石ころアート,作品例画像 石アート
    石ころアート作品例|かわいい石の工作・自然素材で作る動物たち画像集
    2018-06-10
  • 進研ゼミ小学講座口コミ 学習
    進研ゼミ小学講座を継続してきた体験を口コミ!塾か通信教材か迷ったら
    2018-05-29
  • 石ころアート,作品例 石アート
    石ころアート作り方|石と石をくっつける接着剤(ボンド)や色塗りペン
    2018-04-09
  • おしりたんてい,読書感想文 学習
    「おしりたんてい」で小学生低学年の読書感想文を簡単に書いてみよう
    2018-09-30
  • 就学前の読書の効果 学習
    小学生になる前の読書が子供に与える影響や効果は?本好きって素敵!
    2018-07-14
  • 片付け苦手,克服 子育て
    片づけたいけど部屋が片付かないイライラ対策!子供とDIY収納棚に挑戦
    2018-01-04
  • 賢い子供の母親 子育て
    賢い子供の母親の共通点は、話し方の雰囲気にポイントが…!その秘訣
    2018-05-27
中間反抗期,接し方

小学校入学の頃は何かと心配でたまらなかった子供も、だんだん学校生活に慣れて、お友達関係も広がってくると、親が知らないうちに「そんなこと、どこで覚えたの?」と、びっくりしてしまうようなことが増えますね汗

 

小学校低学年頃の子供は、中間反抗期ともいわれる「あまのじゃく」な傾向が目立つお年頃です。それは、家庭とは別の子供なりの世界も広がって行く親離れのプロセスの一環なのですが、親への口答えや反抗が急に激しくなる子どもの変化に対して、どんな接し方が子供の成長を助けるのでしょうか。

 

低学年の中間反抗期は、自分でやりたい!成長のサイン

 

Sponsored Link

 

2歳くらい~のイヤイヤ期は、ママやパパと自分は「違う生き物」なのだと気づいた幼い心が、自分の欲求を主張することで自立の一歩を踏み出します。

 

そこから、園生活などで家族以外との交流も通して、ワガママやイヤイヤだけでは集団生活で孤立して不利になること、欲求の主張のしかたにもコツがあることなどを、子供なりに学んで行くのですね。

では、中間反抗期といわれる小学校低学年頃は、というと、

 

身体の成長、体力などに加えて、理論立てて考える力

 

も、育っていく時期にあたります。

 

 

イヤイヤ期では、泣いたりわめいたりする自己主張だったのが、

 

低学年の時期では、自分で「わかる」「動ける」

 

そして、言葉で主張する能力も育っているので、やたらと口答えするようになる子も少なくありません。
 

我が子の態度があまりにヒドいときには、親もイラっときてしまう場面だって当然ありますし、よそで同じ態度では困る!と心配になって強く叱ることもあるでしょう。

 

子供の口答えや「あまのじゃく」への対策

そもそも自立のプロセスの一部である反抗期。大人からの一方的な命令では不満が溜まり、ますます抵抗したくなるのがその時期の子供の心理です。

 

危険なことや、人を傷つけるようなことは決して起こらないように注意が必要ですが、自立したい子供の成長を助けるには親として、どのような対応が効果的なのでしょうか。

 

押し付けられると子供の抵抗は強まる

 

「だめだよ!」と、一方的に禁止の命令をされたり「やりなさい!」と、上から押しつけられると、子どもの心に不満が残って、困った行動がエスカレートすることも少なくありません。

 

だめ!と押さえつけられるほど、子供がますます反抗したくなる状況を防ぐには、

「それ、あなたにとっては、おもしろいんだ~」

 

と、いったん子供の行動を受け止めてみると、その時点で子供が反発するエネルギーが生まれないので落ち着いて話ができやすくなります。そのように話せる準備ができたうえで、

 

「あなたはおもしろくても、相手は、違う感情の場合もあるよね」

 

「自分だけ楽しくて、相手が嫌な気持ちになってたら、どうかな?」

 

「反対の立場だったら、どうかな」

と、具体的に状況をイメージしながら子供と話したら、子供の態度も行動も、一方的に「だめ!」と否定されたときとは必ず違ってきます。

 

Sponsored Link

反抗したい年頃の子供の心理と、成長を助ける対応

 
本当は「良くない」と、子供が内心では気づいている言動に関して、大人から頭ごなしに抑えつけられるかわりに、

 

「あなたは、それを、おもしろいと感じたんだね」

 

と、いったん大人が子供の思いを受け止めたとき、

 

「自分の気持ちも尊重された」

 

と感じられたことによって、子供は反抗心を燃やすかわりに感情のコントロールができやすくなります。
 

使ってほしくない乱暴な言葉や聞き苦しい言葉を「やめなさい」と言っても面白がって使いたがる、といった場面では、子育てって、忍耐が必要!と感じますが…

 

子供が体験から学ぶチャンスを、少し離れて見守ることも大切なのだと気づきました。
 
 
たとえば、

 

やめてほしいことをわざと繰り返す行動が招く結果=嫌な気持ちになった相手が離れて行ってしまう

 

など、

 

◆自分だけがおもしろくて相手が嫌な行動は自分の孤立を招くのだな~

 

◆相手が嫌がることをして、結局かなしい思いをするのは自分なのだな~

 

という体験を通して、子供が自分の行動に対する責任を学ぶのですね!
 

※こちらも一緒に読まれています

賢い子供の母親
賢い子供の母親の共通点は、話し方の雰囲気にポイントが…!その秘訣
2018.10.26
子供が朝起きるとき、母親が投げかける声かけの雰囲気によって、子供の寝起きの良さが変わる!と話題になっていたことがあります。 「いつまで寝てるの?」「早く起きなさい!」と子供に急ぐよう命じるかわりに、子供への話し方を変えてみることで、子供と家族にとってその日のスタートがグンとスムーズになる秘訣がある...…
小学生,友達づきあい
小学生の友達づきあい・低学年で体験した意地悪な友達トラブルの対応 
2018.5.23
親子で接点が多いお家の子(低学年)の、話す口調が気になる… いわゆる「マウンティング」というのでしょうか。自分の自慢話ばかりで他の子(うちの子も含めて)をバカにしたがる様子を近くで見る機会が多く、嫌だな~、と気になる時期がありました。 他のお友達を見下すように馬鹿にしたがる、自慢したがる子の心を思...…
子育て疲れた,いい言葉
育児疲れ…イライラしたら思い出したい!心を取り戻すいい言葉
2018.7.26
昔から伝わる名言や、心に響く言葉、なんだか泣けてくる言葉。心が疲れているときにも、言葉のパワーに元気づけられることって、ありますよね! 「毎日かあさん」(西原理恵子さんの漫画)に出てくる、よく知られている名言セリフがあります。 家事なんかしなきゃよかった 家なんてもっと汚くてよかった・・・ 子供...…

 

おわりに

 
親が話して聞かせても簡単には変わらない、低学年の時期の「あまのじゃく」「口答え」などの反抗期は、親離れ子離れが加速するタイミング。

 

反抗的な態度も目立ってくるので「しっかり言ってきかせなければ」と親の責任を感じたりしますが、「あれも、これも、だめ!」と親が先回りしすぎて子供自身が体験から学ぶチャンスを奪ってしまうことが、残念ながら成長の邪魔となる場合もあるのですね。
 
 

子供が体験から学ぶ機会をできるだけ尊重して、もし、外で傷ついて戻ってきたら、「よしよし」してあげたいと思います^^
 

Sponsored Link

 

CONTACT

コメントやお問合せは、こちらから
コンタクト

関連キーワード
子育ての関連記事
  • ハロウィンのかぼちゃの由来を子供に
    ハロウィンのかぼちゃの由来は?子供にもわかりやすく説明してあげよう
  • 賢い子供の母親
    賢い子供の母親の共通点は、話し方の雰囲気にポイントが…!その秘訣
  • 赤ちゃんぐずり
    赤ちゃんのぐずり|泣き止まない!とイライラする前に試したい対策
  • ラムネ菓子の作り方、簡単
    子供のおやつの食品添加物が気になったら手作り!ラムネの簡単な作り方
  • 低学年の夏休みの過ごし方
    夏休みに低学年の子供の過ごし方に悩んだら・知的でおすすめな遊び3選
  • 片付け苦手,克服
    片づけたいけど部屋が片付かないイライラ対策!子供とDIY収納棚に挑戦
おすすめの記事