• 進研ゼミ小学講座口コミ 学習
    進研ゼミ小学講座を継続してきた体験を口コミ!塾か通信教材か迷ったら
    2018-05-29
  • ハロウィンのかぼちゃの由来を子供に 子育て
    ハロウィンのかぼちゃの由来は?子供にもわかりやすく説明してあげよう
    2018-05-23
  • 運気上げる言葉,金運 ライフスタイル
    運気を上げる言葉|金運アップに成功した人が教えてくれた秘訣
    2018-05-03
  • 石ころアート作り方 石アート
    石ころアート作品例・かたつむりの作り方!自然素材の石と葉で工作の画像
    2018-05-24
  • 勉強苦手 学習
    小学低学年で勉強できる子とできない子の差は出る?読解力が重要
    2018-05-30
  • 石ころアート,作品例画像 石アート
    石ころアート作品例|かわいい石の工作・自然素材で作る動物たち画像集
    2018-06-10
  • 小学生,友達づきあい 子育て
    小学生の友達づきあい・低学年で体験した意地悪な友達トラブルの対応 
    2018-05-08
  • 子供の勉強,きっかけ 学習
    子供が勉強しなくてイライラ?やる気のきっかけ演出上手な親の実践法
    2018-05-04
  • 夏休み宿題,進まない,終わらない 学習
    子供の宿題が進まない終わらない?夏休みに「ぼーっとする時間」の効果
    2018-07-19
  • 石ころアート,作品例 石アート
    石ころアート作り方|石と石をくっつける接着剤(ボンド)や色塗りペン
    2018-04-09
子育て疲れた,いい言葉

昔から伝わる名言や、心に響く言葉、なんだか泣けてくる言葉。心が疲れているときにも、言葉のパワーに元気づけられることって、ありますよね!
「毎日かあさん」(西原理恵子さんの漫画)に出てくる、よく知られている名言セリフがあります。

 

家事なんかしなきゃよかった

家なんてもっと汚くてよかった・・・

 

子供は、もっとママに抱っこしてほしがってたのに…という状況(泣)

 

Sponsored Link

 

子育てに疲れた時、見えなくなる親子の幸せ

 

家事に家族のお世話、自分の用事や、ワーキングママは仕事も… とにかく忙しいお母さんは、「やるべきこと」に追われて、子供に対して

 

「うるさい」「ちょっと、あっち行ってて」「静かにしてて」

 

冷たく接してしまうことも、どうしてもあるもの。

 

でも、時間は流れて、子供はすっかり親離れしてから、「あ~、あの時、もっと子供と穏やかに笑えていたら」なんて、思うママも多いのですね。

 

 

うちの男の子の「ママ追い」が激しすぎた頃、少し上の年代の先輩ママさんから「今だけだよ~笑」といつも言われていましたが、子供がママを追いかけまわして「ママがいちばん♡」でいてくれる時間は、案外短いものなのかもしれません…

「かあさん」の泣ける言葉が教えてくれること

 

子育てをするお母さんの立場で、「やるべきこと」って、なんのため?と問い直してみたら、「子供のため」っていう答えが、最初に出るママが多いと思います。
 
おもしろい、たとえ話があります。
 
ふだん仕事が忙しくて、なかなか家族とゆっくり過ごせないお父さんが、

 

「次の休みこそ、子供と家族のために、何か楽しい企画をしよう!」

 

と思い立って、家族を遊園地に連れて行くことにしたのですね。当日になって、小さい子連れで出かける準備に手間取っているお母さんに、イライラ。

 

早く出ないと、道混んじゃうじゃないかっ!
 

移動ちゅう、グズってしまう子供にも、イライラ。

 

んだよ!せっかく楽しいプラン立ててるのに、グズグズいうなよっ!

 

 

・・・って、あれ?

 

なんのための遊園地プランだったんだっけ??

 

 

家族と、楽しい時間を過ごすため 

 

に、張り切って企画したお出かけだったはずが、「遊園地に行くこと」の方が主な目的のようになっていて、家族はその目的を邪魔する存在みたいな扱いで、お父さん一人、イライラしている(汗)

 

という、笑うに笑えない話です…
 

子供のお世話や家事、家計を支える仕事は、遊園地に行くプランと同列には語れませんが、

 

「なんのために、頑張ってるんだっけ…??」

 

 

時には、改めて見つめ直してみることも有意義かもしれません^^
 

もし、「子供のため」に頑張っていたはずのことが、ママと子供の時間を穏やかに過ごせないくらい負担やストレスになることも多いとしたら… 

 

負担を少しでも軽くするために、何か工夫できることって、ありそうかな。ここは、省略できるかも。など、気づけることも増えました☆
 

心を取り戻すのを助けてくれた名言

 

「かあさん」の泣ける名セリフに加えて、心に響く子育ての名言をもう一つ。

「認めてあげれば、子供は自分が好きになる」

 

 

安心を経験した子どもは、信頼をおぼえる。和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる(ドロシー・ロー・ノルト先生)

 

子育てでは、思うように事が運ばないことも多くて、イライラ・ストレス… 自己嫌悪に陥りそうな局面も度々ありますよね泣

 

「こうじゃなきゃダメ!」という理想に縛られてストレスを抱えているママよりも、理想には届かない状態だけど、子供と笑っていられるママを見ているほうが、

 

「この世はいいところだな~」と、子供は安心して成長できるのかも。笑えていたほうが、子供にもママ自身のためにも、きっと良いはず!

 

そんなふうに、「できない自分」を責め過ぎる辛さ・苦しさを助けてくれた言葉でした☆

 

Sponsored Link

 

子育てに疲れた時、考えること

 
赤ちゃんが、この世界に産まれてきて最初にすることは「大きな泣き声をあげること」
 
肺呼吸が…という医学的な説明とは違う角度で、お母さんのお腹のなかで羊水にふわふわ守られていた環境から、外の世界に押し出されて、ショックや不安で泣いていると説明される場合もあります。

 

ちょっとスピリチュアルな解釈では、「すべてがパーフェクト」な魂の世界から、まったく異質に見える物質世界に来た驚きで泣いているのかもしれません。
 

いずれにしても、誕生間もない赤ちゃんは慣れない世界に不安で、守ってくれるママの存在で安心したいのですね。ある程度世の中を知っている大人であっても、自分が不安な状況に陥っているとき、助けて守ってくれる人がいたら、信じて頼りたくなりますし、すっかり信頼していたのに、もし急に冷たく見捨てられたリしたら…

 

もう、この上ない恐怖ですよね!

 

一方で、ママが優しく笑ってくれたら。優しい声でお話してくれたら。守られていると感じられたら。

 

最初は恐怖でしかなかったこの世界が、実は良いところかも。幸せな世界なのかも。と、信じ始めます。ママのスマイルで自分がすごく幸せを感じることを覚えたら、自分のスマイルでママも嬉しそうに笑う?笑ってくれた!

 

だんだん、自分から人の幸せにつながる行動も、覚えていくのですね。自分も、そうしてもらって嬉しかったから。

 
 
「自分も人も嬉しい行動を選ぶ」

 

そういう人に、子供が成長していく土台は、「ママの笑顔から」と考えると、子育てちゅうママが抱えがちなイライラ・ストレスを軽くするために、ママも家族も本気で工夫することって、大切ですね☆

 

◆ 好きな香りのお風呂に、一人でゆったり入れる日を確保

 

などなど。ぜひ、楽しく考えてみてくださいね☆
 

思うように進まない!というストレスで心が辛くなってしまうとき、何か少しでもヒントになりましたら嬉しいです。

 

Sponsored Link

 

CONTACT

コメントやお問合せは、こちらから
コンタクト

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • 妊婦さん,飲み物,いろはすレモン炭酸
    妊婦さんに人気の飲み物は炭酸水?いろはすレモンが支持される理由
  • 夏,冷蔵庫の日持ち,食材が腐る
    夏は冷蔵庫でも食材が腐りやすい!賢い保存法や腐るまでの日持ちは?
  • 産後の肌のくすみ
    産後の肌トラブル!くすみや肌荒れ、ゴワゴワ乾燥…いつまで続くの?
  • 洗面所の水垢掃除,酢
    洗面所の水垢落としにはクエン酸?身近な酢も効果的に使える簡単掃除法
  • 梅雨の体調不良と眠気,自律神経
    梅雨の体調不良|解消したい眠気やだるさ!自律神経の乱れを整えよう
  • 塩風呂やり方
    塩風呂のやり方|痩せる効果はどれくらい?塩にはスピリチュアルな力も
おすすめの記事