春が近づき、花粉が飛び散る季節には花粉症に悩む人も増えてきますよね。
 
鼻や目、ノドなどの嫌な症状は本当に不快なものですから、有効な予防の方法があるなら対策したいところです。
 
そこで、花粉症のためのアイテムというわけではないのですが、ひそかに人気を集めているものがあります。
 
それは、「ワセリン」のクリーム。
 
今回は、意外な花粉症対策としてジワジワと話題になっているワセリンを、実際に利用する際の適切な塗り方や、使うときの注意点などについてお伝えしたいと思います。
 

Sponsored Link

 

花粉症対策!ワセリンの塗り方やトラブルを防ぐための注意点

 
ワセリンといえば、昔からある保湿のための製品。ところが、最近になって、このワセリンを花粉症の症状が気になる部分に塗る方法が話題になっています。
 
どのように使うことがすすめられているのか、チェックしていきましょう。
 

花粉症予防に有効なワセリンの塗り方

 
たとえば、花粉のせいで鼻水などが辛いという人は、鼻の穴のあたりにワセリンを塗ることがすすめられています。
 
ワセリンの質感はベタっとしていますから、飛んできた花粉をからめとる働きをするということ。
 
鼻の穴のところに塗ったときには、鼻のなかへ花粉が入りこんでしまう前にワセリンに花粉がくっついてガードしてくれるというわけなのですね。
 
花粉症の嫌な症状が目に出やすい、という場合は、目のまわりにワセリンを塗ると良いのだそうです。
 
ただし、ワセリンを花粉症の対策に利用する場合には注意点もあります。まず、
 
◇塗るときには薄くのばすようにすること
 
そして、
 
◇こまめにティッシュオフして、塗りなおすようにすること。
 
花粉をからめとる目的で使うワセリンはベタベタしていますから、花粉に加えて空気中のホコリなどもくっついてきます。
 
異物が肌の表面に集まって付着したままの状態は、肌の健康のためにも良くないため、少量をこまめに塗りなおすことを心掛けましょう。
 
副作用として無用な肌トラブルを招かないためにも、気を付けたいところですね…♪
 

ワセリンを花粉症対策に使用するときの注意点

 
また、ワセリンは鼻の中などの粘膜保護のために使われるケースも少なくありませんが、あまり鼻の中深くの粘膜にまで塗り付けることに関しては「すすめられない」という声もあります。
 
まずはワセリンの使用を鼻の穴の入り口あたりにとどめておいて、
 
デリケートな粘膜部分に使用したい場合には、できればベビー用のやさしいタイプを選ぶと安心なのではないでしょうか。
 
また、ワセリンを塗った肌は、強い日光に当たるとシミなどの肌トラブルを招く可能性も指摘されています。
 
紫外線が強い日には、ワセリンを塗って太陽の光を長時間受けないように注意したいところですね。
 
長い時間屋外で過ごす必要がある場合は、帽子やサングラスなどを上手に使いましょう。
 

Sponsored Link

 
 
※こちらも一緒に読まれています

 
以上、今回は
 
花粉症対策として、ジワジワと人気を集めているワセリンを使うときの効果的な塗り方や注意点についてお伝えしました。
 
嫌な体調不良などが予防・緩和されますように…☆
 
今日も、ありがとうございます。

それでは、また ( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

 

Sponsored Link

 

CONTACT

コメントやお問合せは、こちらから
コンタクト