「気象病」という言葉もあるのですね。お天気などのせいで体調を崩すことを指します。梅雨時には、雨の前に気圧が下がったり湿気が高くなる不快感が私たちに強いストレスを感じさせる場合も多いです。

 

低気圧で起きやすい体調不良として、めまいや倦怠感、頭痛や眠気などが挙げられますが、耳の奥にあって体のバランスを保つうえで重要な「内耳」という部分によるストレス反応が、低気圧時のストレスで多く出るために自律神経が乱れ、不調を感じやすくなります。

 

梅雨時には、やたらと眠くなって困る人へ向けて、実際に役立った解消法についてお伝えします。

 

Sponsored Link

 

梅雨時の体調不良と眠気対策

 

梅雨時の体調不良を感じている人は多いのに対し、具体的に対策のための行動をとっている人は少ないようです。あなたは、いかがですか?

 

季節の変わり目や梅雨時期の気圧変化に体がついて行けず、ストレス状態が脳を興奮させるので眠りも浅くなりがちですから、疲れも溜まってしまいがち。すぐ簡単に取り組める対策を2つ紹介します。

 

1. 耳たぶマッサージ

 

できるだけ背筋を伸ばして目を閉じ、右手は右耳たぶを、左手は左耳たぶを数秒ずつ引っ張るという単純な動きですが、いくつかコツがあります。

 

◆ 耳たぶを引っ張る秒数は、10秒くらい。「10秒引っ張って・ふ~っと緩めて」を、1分間くらい続けます。

 

◆ 耳を引っ張ることで頭が緩むイメージで行います

 

 

耳を引っ張ることによって、耳と頭の側面の間にスペースができる→それによって頭の芯が緩み、体もリラックスするのだといわれます。

 

私も、日々の合間に耳たぶマッサージと頭皮をマッサージするリラックス法は長年続けています。効果を体感しているから続いているのですね。

 

 

梅雨時に限らず、とにかく疲れやすい!という人は、

 

目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる
 
という秘訣を教えてくれるベストセラー本:藤本靖先生の「疲れない身体」をいっきに手に入れる本を、ぜひ一度ご覧ください。本の詳細はこちらから

 

2. ツボを押す

 

心の関所ともいわれる「内関」のツボを押すことで、ストレスが緩和されます。低気圧で乱れた自律神経のバランスを整えるためにも効果的です。

 

「内関」のツボの位置は、手首の内側のしわから指3本ぶんヒジのほうへ下がったところ・2本の筋が見える真ん中を押してみると「ここだ」とわかります。

 

内関のツボ,場所

 

内関のツボは両方の腕にありますが、肩こりや疲れを感じやすいほうを中心に、こまめに押してあげることが勧められています。

 

Sponsored Link

 

おわりに

他にも、簡単にできる眠気・だるさ対策として、カーテンを少し開けて寝ると朝日で自然に無理なく体が起床モードになりやすいです。

 

ほんの少し朝日が入るくらいの環境で眠ってみるか、うっすら目覚めた段階で朝日が部屋に入るようにする方法は私も実践しています。
 
早朝に朝日を感じたら夜の眠りが深くなって、疲れが溜まらなくなると感じます。熟睡して疲れを取りたいとき、試してみてくださいね。
 
 
※こちらも一緒に読まれています

 

Sponsored Link

 

CONTACT

コメントやお問合せは、こちらから
コンタクト