ママ友って、全然いない場合には「孤独かも」「子供が小さいと、ママ友関係が子供の交友関係にも影響するのかな」なんて悩んでしまうこともありますが…

 

ママ友がいたらいたで、距離感について 「あれ?感覚、違うかも…」やたらと依存されて重いときは、もう少し距離を置きたい!と考えてしまうこともありますよね。めんどくさい人間関係に悩み過ぎないマインドについての話題です☆
 

今のママ友関係、心強い? 正直、離れたい?

 

Sponsored Link

 

子供の行事の持ち物など、これでいいのかな?とか、小児科、あそこの先生、私にとっては少し話づらいかも。近くで、良い小児科情報、教えてほしい! などなど。
 

自分一人の判断で心配なときや、地域の子育て便利情報だとか、 気軽に質問し合えるような ママ友とのお付き合い。本当に心強くて、助け合えてそれならきっとお互いプラスに感じる関係です。
 
一方で、連絡も無しに急に自宅に来て、何時間も居座っちゃう! なんて、困った重いママ友の話も実際、たくさんあるのですね(汗)
 

ママ友のことを迷惑・めんどくさいと感じるとき

 
ママ友との付き合いのなかでも、もう、めんどくさいな~…と嫌になるときって、自分の価値観からのズレに直面するときなのですね!
 
会話や、ちょっとした頼まれごとなんかでも、特に違和感なく「そういうものだよね」と思えることは、それほどめんどくさくないのに対し、

 

「それは、違うでしょ~(汗)」

 

「なんか、おかしくない??正直、迷惑…」
自分の価値観では、あり得ない~ と感じるような現実を見せられたとき、

 

めんどくさっ!重いっ!

 

そういう人と、関わりたくない… そんなふうに感じるのですね。
 

そして、悩みやすい人の特徴として、正直めんどくさいと感じつつも、相手に合わせなきゃいけないのかな。と思い込んで、我慢してしまう傾向があります。

 

めんどくさい人間関係なのに我慢してしまうストレスを楽に

 
疲れる人間関係なのに、誘われたら・頼まれたら、断われない…そういうときは、相手に合わせ過ぎているのですね。
 

自分を出せない関係はストレスが溜まります。

 
価値観が大きくズレている場合には、内心「え?!」「うそでしょ…」 と、モヤモヤしながら付き合うことになりますから、後になってぐったり。
 

疲れて心に元気がなくなると、特定のママ友だけじゃなく、人に会うこと、会話すること自体がおっくうになってきます。 相手と価値観の違いを感じていて嫌な感じがしているのと同時に、

 

自分の価値観に対しても、実は自信が持てていない

 

というときほど、対人ストレスと自分に対する不信感のダブルパンチで心が辛くなってしまう…
 
 
この辛さの背景には、価値判断のクセがあります。
 
どっちが、良い・悪い。正しい・間違い。 黒か白か、と判断したり裁いたりする傾向が強いほど、人を責めたくなるし自分を責めて落ち込むし。心を辛い方へ追い込みがちになるのですね。
 

嫌なら、軽やかに距離を置く!前向きママの特徴

 
◆ 自分は自分、人は人

 

「あの人、変だと思う!」というイライラや、「私がおかしいのかな…」といったモヤモヤ。 いずれにしても、勝手に価値判断し過ぎてしまうことから出てくる嫌~な気分です。
 
正しいか間違いか、相手か自分のどちらかを否定しなければ落ち着かない考え方が「クセになっているから」なのですね。
 

「どっちもどっちで、それもアリなのかもね♪」 そんなふうに、少し引いて見るようにして行くと、ふっと気分が楽になります。

 
 
◆ 実際、めんどくさいママ友対策

 

時には、こちらの領域にズカズカ侵入してくる人もいて、相手の価値観をグイグイ押し付けられそうになる場合もあるかもしれません (汗)
 

そんなときには、

 

あなたは、それが好きなんですね」

 

「おもしろいですね~」

 

でも、私は今、お誘いを受けられる状況じゃないんです。誘ってくれたことは、ありがとうございます」
 

相手の思いや価値観については、否定するわけじゃなく。

 

でも、私が望まない場合には私の時間や空間を、むやみに提供したりしません(やんわり、でも、きっぱり)。

 

 

もともとは私も、

 

-最初は相手に合わせ過ぎてぐったり

 

-疲れて、一人になるとイライラ。消耗。

 

-自分の考え方が悪いんだ、と自己卑下…っていう、負のスパイラルにはまりがちだったのですが汗
 

「私もOK・あなたもOK」っていう軽やか前向きママのスタンスを知って、だいぶ守れるようになってきたら、必要以上に悩まなくなりました^^

 

Sponsored Link

 

軽やかママ|ぐったり消耗ママ

 

一人時間を楽しめる軽やかママと反対に、ママ友関係の悩みで消耗してしまうケースでは、

 

「孤立するのはコワいから、無理しても我慢我慢…」
 

孤独は嫌だから、本当は望まない関係にしがみついてしまいがち。人とのつながりに執着するほど、周囲の反応が気になって疲れるし、 そんな自分を好きでいられないので心が苦しくなります。

 

孤独は嫌だけど、べったりも困る… というママ友関係の悩みを、 軽やかに乗り切っているママの特徴は、
 

時には、「一人でもだいじょうぶ 」

 

という自分の軸を持っていることがポイントだと思います。

 

ママ友と一緒でも、一人でも、どっちの私もOK♪^^

 

そんな心でいられたら自分も快適ですし、周囲からも魅力的に見えて好かれやすく、実際そのほうが人間関係もスムーズに運びやいのですね。

 

おわりに

 

◆ 一人の時間を楽しめる人のほうが、人間関係の悩みで必要以上に消耗することなく魅力的
 
 
◆ 自分時間を快適に整えるほど、人と関わる時間も楽に快適になる
 
 
今日も、ありがとうございます☆
 
 
※こちらも一緒に読まれています

 

Sponsored Link

 

CONTACT

コメントやお問合せは、こちらから
コンタクト