なんだか最近、ついてないと感じる時。願っている逆ばっかり!こうなったら嫌だな~、ということばかり現実になっている、という話はよくありますよね。大事なときに限って…(汗)という状況です。

 

小さい子供さんがいるおうちでは、仕事やイベントなどで親が何かと追われていて、子供には無難に過ごしてほしいときほど、体調不良やちょっとしたトラブルが発生しがちだったり…

 

Sponsored Link

 

ついてない日と潜在意識の特徴

 

潜在意識には、否定の表現は伝わらないのだと説明されます。たとえば、 時間に追われたくない!と願うほど、「時間に追われる」というイメージを潜在意識に伝えることになる。

 

緊張したくない!と願うほど、「緊張」を強く意識することになり、潜在意識に緊張のイメージが浸透してしまう。

 

その結果、時間に追われる現実をつくるようなトラブルを無意識のうちに招いたり、緊張に拍車をかけるようなプレッシャーや失敗のイメージを自分で大きくしてしまう(汗)こうして、本当は避けたいと願っていた状況を招いていることが実際、度々見られるのですね。

 

うまく行かない文句の言葉を使い続けると…

 

望まないものに直面したとき、こんなもの望んでない!と文句ばかり言っている状態は、確かに望んではいないけれど、その望まないものに意識をフォーカスしています。つまり、望んでいないものに対して、エネルギーを集中して与えてしまっている状態です。

 

「意識を向けたものが拡大する」というのは現実の法則なので、望まないものに似たものごとが、その後も引き寄せられることになりやすいです。

 

運気アップしたい時、使ってはNGな言葉

 

ポイントは、禁止を命じるような表現を使わないことです。

人は、禁じられるほどに「禁じられたこと」が気になって禁を破ってしまう傾向があります。昔話でも多いパターンですね!浦島太郎は開けない約束の玉手箱を開けてしまい、鶴の恩返しでは見てはいけない約束を破ってしまい…

 

セールスの戦略などでも、「真剣に悩んでいる人以外は見ないでください」といった「禁止」のテクニックで、つい気になってしまうように仕向ける表現が多く使われています。

 

禁煙したいときには、「吸うな!」と禁止する表現で強く意識するほどに、吸いたくてたまらない自分のイメージが強く心に残り、ダイエットしたいときには「デザートは食べるな!」と禁止する表現で強く意識するほどに、甘いもののイメージに囚われながら、我慢我慢、辛いな~…、と葛藤することになります。

 

Sponsored Link

 

運気をアップするために大切な自問自答

 

禁煙したいときには、「吸わない」ことが最終のゴールではなく、健康な心身を手に入れることだったり、自分の健康を害するものに浪費するかわりに、お金をもっと有意義なことに使って生活に豊かさを感じる… というイメージが、奥の奥にあるはず。

 

ダイエットも、痩せるためのプロセスは辛い場合が多いけれど、その奥にある「痩せたらもっと、素敵な将来」のイメージを現実にしたくて、頑張る気になります。

 

なので、これからは…

 

変えたいことがあるときに「これは嫌なんだ!」「これ、しないようにしたいんだ!」と、「禁止する」表現を使っていることに気づいたら、 嫌だ!望まない!と強く感じることがあるほど、

 

じゃあ、何を望むの? という質問を、必ず自分に投げかけ、その答えに意識を向けます。

 

 

ついてない!ピンチがチャンスに変わる秘訣

 

望んでないよ!と腹立たしいとき=「かわりに何を望むのかが、はっきり見えてくるチャンス」

 

不満で心がいっぱいのときには、じゃあ、何を、どんなことを望んでいるのか。そちらへ意識を向ける習慣を心がけることで、流れは本当に変わるのですね。

 

◆失敗したくない⇒成功のイメージを具体化する

 

◆もう、嫌!⇒じゃあ、望むのはどんな感じ?

 

このパターンを繰り返して、当たり前の習慣にします。自分ではコントロールできない外からの刺激でイラッとする場面って、どうしても時々ありますが、

 

「嫌だ!」を感じたときには「じゃあ望むのは…?」

 

と、望むイメージのほうへ速やかに意識を動かす習慣が定着したら、怒りの感情が長引くことがなくなるのでストレスが溜まらなくなります。日々がどんどん快適になるのですね。

 

Sponsored Link

 

おわりに

 

引き寄せの法則やバシャールなど、スピリチュアル系の話題では「良い気分」で過ごすこと、リラックスしていることの重要性がとにかく強調されます。
 

現実的に考えてみても、緊張や不安、怒りなどのストレスを抱え過ぎると心身を滅ぼすことは明らかですから、
 
「望まないものにぶつかったら、望むものを知って、それに近づくチャンス」に、していきたいですね☆
 
 
※こちらも一緒に読まれています

 

CONTACT

コメントやお問合せは、こちらから
コンタクト